訓練・研修の様子

令和4年度播但地区消防職員意見発表会署内代表選考会を実施しました

 11月17日(木)に消防職員意見発表会署内代表選考会を実施しました。令和5年2月に姫路で開催される播但地区消防職員意見発表会に出場する代表1名を選考するもので、事前に選出された5名の発表者は、緊張した様子もなく堂々と発表していました。選考の結果、谷士長が美方広域消防本部の代表として出場することになりました。
 

  
       伊藤士長                  岡田士長                  阪本士長

 
       谷士長                  立道消防士



 建物構造研修を実施しました


 令和4年11月11日(金)に建築中の建物を利用した建物構造研修を実施しました。この研修は、木造建物構造や名称などの知識を習得することにより、円滑な火災原因調査活動等につなげることを目的とし、香住区の有限会社北村工務店様にご指導いただき、建物構造や専門用語について理解を深め、また、職員間の意見交換も行われ有意義な研修となりました。


機関員訓練を実施しました


 令和4年1012日(水)、1019日(水)の2日間、香住自動車教習所にご協力を頂き、教習用コースを使用して緊急自動車の機関員訓練を実施しました。
 機関員経験の浅い合計17名の職員が、救急車やポンプ車などで厳しい条件下での走行訓練を行い、車両感覚や運転のコツなどを学び、安全運転に対する意識と技術の向上を図りました。

 ポンプ車クランク 救急車クランク  ポンプ車S字カーブ 

 分署長訓示 訓練説明  教習所長講和 




林野火災想定訓練を実施しました


 令和4年4月19日(火)、20日(水)の両日、香美町村岡区寺河内地内で林野火災想定訓練を実施しました。
 この訓練では、枯草の焼却火が風に煽られ延焼拡大したとの想定で署員が協力し、延焼防止及び火勢鎮圧にあたり、各隊の連携を確認しました。
 春は山火事の多い季節です。当管内においても枯草火災及び林野火災が多く発生しています。火の取扱いには十分注意しましょう。




消防記念日37()春の火災予防運動最終日に消防ポンプ自動車の操作訓練を実施しまし



 香住分署では春の火災予防運動の一環として、若手の隊員が将来消防機関員として独り立ちできるように必要な消防車両の操作技術、知識の向上について先輩機関員さんの指導を受けながら訓練を実施しました。

放水するには、水圧がないとノズルから水は出ません。しかし圧力が高すぎても危険です。

つまり筒先(水が出る筒)を持っている人が 水の出る方向と反対側に押し戻される力が発生します。

消防車を操る隊員は、火事を消すため素早く、安全に操作ができるように日々訓練を重ねています。



空気が乾燥して火災が発生しやすい時期を迎えています火の取り扱いには、これからも注意をお願いします。


香住分署救急車を更新しました


 令和4年2月12日(土)、香住分署の救急車を更新しました。新車両は、LED製のヘッドライト、作業灯を取り入れ、夜間の運転、活動の安全性が向上し、赤色灯は走行中、停車中等、場面によって点滅の仕方が異なり、住民の皆さんにも認識していただきやすくなりました。また、車両周囲を運転席から確認できるモニターを付け、事故防止を図っています。救急資機材では、新たに12誘導心電図を導入し、心疾患の早期把握により、適切な病院選定ができるようになりました。ストレッチャーは、機能や耐荷重の増加、また、振動吸収能力が向上し、より安全な搬送が可能となりました。我々救急隊員も日々訓練を行い、レベルアップした車両と資機材を使ってより良い活動が出来るよう精進していきます。

分署防火講習分署防火講習

分署防火講習分署防火講習

令和4年消防出初式を実施しました


  令和4年1月9日(日)、消防本部コミュニティ消防センターにおいて、消防出初式を実施しました。昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、救助訓練と放水演技は中止とし、式典と観閲のみの実施となりました。
 訓練等で職員の雄姿を披露できず残念ではありましたが、住民の皆様の安全・安心を祈願するとともに、消防職員の一層の士気高揚を図ることができました。  

分署防火講習分署防火講習
     管 理 者 式 辞                             消 防 長 訓 示
分署防火講習分署防火講習
 表 彰 伝 達                          観  閲


消防大学校救助科修了に伴う復命研修を実施しました


 令和4年1月13()、東京都にある消防大学校の救助科を修了した岡田消防司令補による復命研修を行いました。この研修は、修了者が消防大学校で得た知識・技術を職員に伝え、組織全体の資質向上を図ることを目的として行っています。研修には18名が参加し、新型コロナウイルス感染予防のため、分署及び出張所の職員はWEB配信にて参加しました。

安全管理、人材育成、火災対応、交通救助などさまざまな分野について触れ、基本事項の確認だけでなく、全国の各消防本部における災害現場事例を交えながら意見交換を行いました。職員一人ひとりが自らの知識を深める有意義な研修となりました。






高層建物火災防ぎょ訓練を実施しました


 令和3年11月11日(木)に湯村温泉の湯快リゾート三好屋において高層建物火災防ぎょ訓練を実施しました。

 この訓練は、「秋の火災予防運動」の行事の一環として実施したもので、高層建物火災における関係機関相互の連携強化を図ることと地域住民の防火意識の高揚が目的です。
 訓練は「3階から出火し、上階へ延焼中。3階客室に逃げ遅れ1名あり。」との想定で、湯快リゾート三好屋の従業員のほか、湯村温泉旅館料飲組合の組合員も参加し、119番通報・避難誘導及び初期消火訓練を実施後、消防隊によるはしご車を使用した救助訓練や放水訓練を実施し、本番さながらの訓練となりました。


分署防火講習  分署防火講習



救助隊合同訓練を実施しました


 令和3年6月8日(火)に救助隊合同訓練を実施しました。この訓練は、本署第1当務及び第2当務の救助隊が合同で訓練を行うことにより、お互いの技術及び知識の向上及び両隊間の均衡を図ることが目的です。 訓練は「高所から誤って足を滑らせ約8m転落した」との想定を事前に与えられ、訓練日までに事前訓練を実施し、その成果を披露するような形で行いました。また、訓練後は見学者も含め訓練の振り返りを行い、意見交換しました。 今後の円滑な現場活動につながる有意義な訓練となりました。

分署防火講習分署防火講習
       
分署防火講習分署防火講習分署防火講習分署防火講習





このページに関するお問い合わせ先

美方広域消防本部 管理課・警防課・予防課

兵庫県美方郡新温泉町今岡257-1
☎ 0796‐92‐0119  Fax 0796‐92‐0594

ページの先頭へ